PDF(タブ)

ドキュメントを PDF ファイルで公開する場合、または PDF オプションを変更する場合は、このタブを使用します。
また、[ファイル] メニューの [PDF で保存] コマンドを使用するか、クイックスタート・ツールバーの [PDF で保存] ボタンを使用することができます。

PDFで保存 現在のドキュメントを PDF ファイルとして公開します。ドキュメントは、現在のページレイアウトと選択したすべてのオプションを使用して保存されます。透かしとすべての効果がサポートされています。
PDF File の表示(PDFファイルの表示) 一時 PDF ファイルに保存し、デフォルトの PDF ビューアーを起動します。
PDF ファイルをメールする デフォルトのメールクライアントを使用して PDF ファイルを添付ファイルとして送信します。
画像度 画像の再スケーリングオプション。希望する出力解像度に基づいて、元の解像度を維持するか、画像を縮小することができます。サブメニューからプリセットされた DPI 設定を選択できます。
画像の圧縮 画像圧縮。任意のレベルの JPEG 圧縮を選択するか、[ロスなしに圧縮] を選択します。画像がすでに JPEG 形式である場合、JPEG 品質が 70% 未満の場合にのみ再圧縮が実行されます。それ以外の場合、JPEG イメージは PDF ファイルにコピーされます。
ドキュメントの保護 生成された PDF ファイルへのアクセスを制限できます。その場合、「アクセス制限」 を選択します。制限が有効になっている場合、このボタンはハイライト表示されます。 [PDF オプション] ダイアログで制限をカスタマイズできます。
タイトル PDF ドキュメントのタイトル。ここで変更できます。
題名 PDF ドキュメントのファイル名。
PDFドキュメントのオプションの詳細 [PDF オプション] ダイアログを開きます。このダイアログは、「PDF で保存」ダイアログから開くことができます。これらの設定はすべて、[PDF オプション] ダイアログで利用できます。

これらの設定はすべて、[PDF オプション] ダイアログで利用できます。

note備考:

  • Adobe が開発した PDFファイル形式(Portable Document Format)は、元のアプリケーションソフトウェア、ハードウェア、およびそれらのドキュメントの作成に使用したオペレーティングシステムに依存しない方法でドキュメントを表示するために使用されます。PDFファイルは、テキスト、グラフィック、および画像の任意の組み合わせを含むドキュメントを、デバイスに依存しない形式および解像度に依存しない形式で記述できます。
  • PDF 作成は priPrinter Professional Edition で利用できます。
  • Shift キーを押しながら [PDFの表示]、[PDFで保存]、[PDFファイルをメールする] の順にクリックすると、進行状況がダイアログで表示されます。

次も読む: PDF