レイアウト(タブ)

このタブはすべてページのレイアウトに関する設定です。ここにあるすべての項目は、ページが画面上でどのように表示されるか、実際の用紙または PDF ファイルでどのように表示されるかに影響します。

選択検索スナップショット定規 選択、検索、スナップショット、定規コマンド。これらのコマンドは、他のタブで共有されています。
フォント名、
フォントサイズ
フォントの拡大、
フォントの縮小、
太字、斜体、
下線、取り消し線、
校正、
テキストのハイライト色、
フォントの色
このアイテムを使用すると、テキストを選択して、削除、編集、ハイライトまたはフォントの色を変更できます。
(Professional Edition のみ)
テーマ ドキュメントにテーマを適用したり、現在の設定を新しいテーマとして保存したりできます。
標準
冊子
ポスター
3種類のページの配置モードを選択できます。
標準 – 通常のページ。片面印刷モードまたは両面印刷モードで印刷できます。
冊子 – 本、パンフレット、冊子を作成します。水平または垂直に折り曲げます。シートは両面印刷モードで印刷されます。
ポスター – ポスターを作成します。 priPrinter は小さな用紙から大きなポスターを作成できます。はさみと接着剤を使用して小さな用紙を繋げる必要があります。
レイアウト ドキュメントのすべてのページに対し、縦置き( ポートレート)または横置き(ランドスケープ)方向を選択できます。
自動 – システムがドキュメントに最適な方向を選択します。
両面印刷 両面印刷モードでページを印刷します。
備考:このオプションは、ポスターモードでは無効になっています。冊子モードでは、両面印刷モードは常に有効になっています。
余白 余白の種類を選択します。最も一般的な余白を使用する場合は、[標準] を選択します。ハードウェアの最小余白値は、プリンタでサポートされている余白です。
綴じしろ 印刷用の綴じしろを有効にします。矢印をクリックして、サブメニューから綴じしろの位置を選択します。
レイアウト オリジナル – 再スケーリング・再配置なしで印刷します。ページは変更なしで印刷されます。プリンタの余白とカスタム設定の余白は無視されます。
1 ページ – ソースページはプリンタの作業領域に収まります。余白と綴じしろは作業領域に影響します。
2 ページ – priPrinter は自動的に 2×1 または 1×2 モードを選択します。2×1 モードを選択する場合は、カスタムレイアウトモードで選択します。
NxN – カスタムレイアウトモード。1枚の用紙に印刷するページ数を自由に定義できます。
ページのスケーリング ソースページの大きさをコントロールします。
ここでのスケーリングは、印刷アプリケーションで指定されたページサイズ(またはその他のアイテム)と priPrinter で使用される実際の値の比率です。
  • 単一スケール – 各ページが印刷可能領域に収まり、スケール値がページごとに異なる場合があることを意味します。実際には、同時にいくつかのドキュメントを印刷する場合、またはカスタムトリミングが適用された場合にのみスケーリングされます。
  • 統一スケール – すべてのページに同じ値が使用されます。最小のスケール係数が使用されます。
  • カスタム (45%)… – すべてのページで使用されるカスタムスケーリング係数を定義します。

ページの拡大を許可する / ページの削減(縮小)を許可する – これらのオプションは、単一ページモード専用です。

順序 ページを用紙に配置する方法を選択します。デフォルトは上から下、左から右です。
デフォルトでは、ページは用紙または仮想グリッドの中央に配置されます。ただし、ページを左上隅にロックしたり、ページを用紙の中央または最も近い隅に配置することもできます。
繰り返す チェックすると、各ソースページが用紙の片面に繰り返し表示されます。例えば、レイアウトが 3×1-3 に設定されている場合、同じページが用紙に表示されます。オリジナル および 1×1 レイアウトには影響しません。
新しいページからのジョブ 常に新しいシートで各ジョブを開始します。
コピー 印刷中に指定されたページのすべてのコピーを表示します。このオプションをオフにすると、1ページのみが表示・印刷されます。